加速しているのはすでに全力を尽くして、黒いロケットの中で秘密を出しています。-clazziquai

今年の徳洲スポーツ今日の徳州内戦が再発し、ロケットはホーム戦に戻ってきた。その前に、加速度がホームで陥落したことがあって、刀を使ってロケットを破ったことがある。その試合においては、葉は、彼の子弟たちの優れた「当たり屋」だけではなく、次のような巧みなパスで相手の守備を引き裂いていた。波波维奇ずっとは好き嫌いがはっきりして監督が、彼は二度としたくない経験1回ハーデンじゅうご+援護攻撃を三足を自分に打ち勝つこと隊を率いる。此役をアップ波波维奇かわるがわる休むのダニー-グリーン派アップ、トニー-パーカー構成チームの前場先発。試合開始からスパーズこちらのレナード状態に熱い、彼は単ななしち投げで切ってごじゅう分、率いるチームは26-22リードロケットよんしよ分。その後、加速度とロケットの攻撃は、多くの点で開花の優位性によって、次第にスコアを開きます。一方、ロケットのこちらは、ガラは、ミミ、グリーン、そしてその時代の守備を抱えていて、命中率が下がってきました。後半战罢、スパーズは49-40リードロケット。後半になると、加速度は非常に高い命中率を保持しており、最初は攻撃端に出力されていたが、代わりにしていたのは、3日目には2桁前後の差を保っている。第4節になると、場は情勢が激しくなって、ロケットは葉があった指導の下で反撃を始めて、次第にスコアを縮小して、1度は逆転の希望を見ます。しかし、しかし、それは、最後の時にロケットの反撃に耐えることを許さない。最終的には、最終的には、ライバルに勝って、前回のホームでの敗れた相手のメッセージを報告した。ロケットは首を打って負けていないで、彼らのディフェンスは少しずつ開花した攻勢によって徹底的に破壊された。ソースは、ブランドのシュートのヒットをマークして、10人の選手が得点を出しています。5人の得点は2点で、最高得点は、これらの20点だけで、典型的な加速度ボールスタイルです。こちらでロケットを打ち出し、ハーデン再び三足表現で、彼はじゅうはち投げななしち中、フリースローじゅういち罰きゅう、くに切り、25分じゅうさん援護攻撃とじゅういちリバウンドが、ななしち度のミスがガンダム。考えて此役ハーデンの守備に直面して、彼を打つことができるという表現は所属容易ではないが、いかんせんチームの命中率が低く、ロケット最終翻盘望みがない。ロケットの先頭に立って大きいフォワードがありません-持ち帰りは冷たくて、彼は13を投げて1中6分8分のボードだけを獲得して、攻撃の端の低迷は彼を守備の端で貢献することができません。佐藤さんがその場に居合わせた時に、彼の守備は徹底的に暴露されて、加速する内線は彼に直面してすべてかごの下で破壊することを選択することができて、それに悪くない効果を受けます。最高のコンビで最高のパートナーとして、バンドは紫外線によって発揮できず、攻防の両端にある圧力が急に向上した。多くのロケットファンはこれをからかっている。兄弟はバスケットボールをしないで、みんなは“バスケットボールの国”のマイクロフォン号を歓迎することを歓迎しています:木の葉(長さがコピーすることができます)、バスケットボールの情報、教育と模様、あなたが見たいところはすべてあります!

马刺全民皆兵哈登已倾尽全力,怎奈火箭中出卧底-搜狐体育   今日德州内战再起,火箭回到主场再战马刺。此役之前,马刺曾在主场沦陷,以99-101惜败火箭,并让改打控卫的哈登豪取赛季首次三双。在那场比赛中,哈登不仅让波波维奇和他的子弟们见识到他精湛深厚的“碰瓷”功力,还用一次次的精妙传球撕裂对方的防守,并成为波波维奇时代第一个拿到15+助攻三双的马刺对手。   波波维奇一直是个爱憎分明的主教练,他可不想再经历一次让哈登打出15+助攻三双并率队战胜自己的事情。此役波波维奇将上场轮休的丹尼-格林派上场,与托尼-帕克组成球队的后场首发。比赛一开始,马刺这边的伦纳德状态火热,他单节7投5中砍下10分,带领球队以26-22领先火箭4分。随后马刺和火箭互有攻势,马刺这边凭借多点开花的优势,将比分逐渐拉开;反观火箭这边,哈登受困于米尔斯、格林和伦纳德的轮番防守,命中率有所下降,但他依旧在进攻端中不断为队友创造得分机会。半场战罢,马刺以49-40领先火箭。   到了下半场,马刺依旧保持了非常高的命中率,首发五虎都在进攻端有所输出,替补的吉诺比利也成为奇兵,他在第三节接连命中两记三分,帮助球队始终保持着两位数左右的分差。到了第四节,场上形势风云变幻,火箭在哈登的带领下发起反扑,逐渐将比分缩小,甚至一度看到逆转的希望。但老辣的马刺可不允许阴沟翻船,他们在最后时刻顶住了火箭的反扑,最终以106-100战胜对手,报了上次主场惜败对手的一箭之仇。   火箭此役输得并不冤,他们的防守被马刺多点开花的攻势给彻底击穿。此役马刺打出了53.9%的投篮命中率,上场的10名球员均有得分,5人得分上双,最高得分也仅是伦纳德的20分,典型的马刺赢球风格。而火箭这边,哈登再次打出三双表现,他18投7中,罚球11罚9中,砍下25分13助攻和11篮板,但也出现高达7次的失误。   考虑到此役哈登面对的防守,他能打出这样的表现已属不易,无奈球队命中率太低,火箭最终翻盘无望。火箭首发大前锋莱恩-安德森此役手感冰冷,他13投1中只获得6分8篮板,进攻端的低迷未能让他在防守端做出贡献。当安德森在场时,他的防守软肋被彻底暴露出来,马刺的内线面对他都会选择性往篮下造杀伤,并且受到不错的效果。   作为哈登受助攻率最高的搭档,安德森此役未能在外线有所发挥,也让哈登在攻防两端中面对的压力陡然提升。不少火箭球迷对此调侃:哈登尽力了,怎奈火箭中出卧底。   无兄弟不篮球,欢迎大家关注“篮球国度”的微信公众号:Ailanqiu_1314(长按可复制),篮球资讯、教学和花絮,你想看的这里都有!相关的主题文章:

« »

Comments closed.