フォードの名将で泣いてしまった!有名な大学者リヴァプール審判わたしに向かって-sugus

マンチェスターユナイテッドの名将奈々子蹴り泣いた!リヴァプール語:審判は私の自慢の反則に向かって、北京時間下の火曜日の午前3時、リヴァプールはサンタさんとサンタさんと対戦し、イングランドの宿敵は最も激しい対決を展開します。紅軍の魚の葉の葉の魚の話によると、紅紅と軍軍の戦いは火花を欠くことができないことを明らかにして、彼はその年でさえ足を尽くして財産を持って泣いて泣いた。2011年3月、リヴァプールホームで3対1を破った。今は空台の番組のゲストとして、その試合中のシーンを思い出したが、その時は腰の上でドリブルしていたが、昔はポルトガル人にポルトガル語を使っていた。南の人は泣いて泣いてしまったのですが、「主裁判員」が私にやってくるようになったので、私は彼を引いて言った。ああ、それはレッドカード、私を見ていたすべての選手の反応は、私が言って、私のために裁判に、説得にある合意を達成した(we came to、 sortオブa deal)。」「あの時、全員が打ってきた。それから一緒にして、『君は信じられない。彼は泣いているんだよ。」卡拉格とネビル今はパートナーがもう一人のゲスト、昔のマンチェスターバックゲイリー-ネヴィル「あなたはわざと彼に卡拉格(:)」、「当時は、怪我人が下りてきたから、私は中衛右ガード、そして弗森を格すぐ転勤:こっち。」「私はあの時、私は彼に自慢しなければならないと思っていた。彼を育てるか、反則するか、私は彼にドリブルをさせられない。その時ボールは地面に飛んでいて、私は足を伸ばしてキックして、ボールを蹴ったことがなくて、彼のすねを蹴りました。」(legion)

曼联名将竟被踢哭了!利物浦名宿:裁判向着我 卡拉格的那次犯规   新浪体育讯  北京时间下周二凌晨3点,利物浦将和曼联在安菲尔德交锋,英格兰的宿敌将展开最激烈对决。据红军名宿卡拉格透露,红魔与红军之战从不缺少火花,他当年甚至一脚把曼联名将纳尼踢哭了。   2011年3月,利物浦主场3比1击败曼联。如今作为天空台的节目嘉宾,卡拉格回忆了那场比赛中的一幕,当时纳尼正在带球,卡拉格过去一脚把葡萄牙人踢翻在地,那本该是一次吃红牌的犯规,但裁判却手下留情了。 纳尼被踢哭了   “主裁判菲尔-多德被我给争取过来了,我拉他到一边说:‘纳尼刚玩技术戏耍了我’。哦是的,那该是个红牌,我看到了所有球员的反应,但就像我说的,我争取到了裁判,说服了他,达成了某种协议(we came to some sort of a deal)。”   “当时所有人都快打起来了,然后鲁尼走过来说,‘你无法相信,他(纳尼)在哭呢。’” 卡拉格和内维尔现在是搭档   当被另一位嘉宾、昔日曼联后卫加里-内维尔问到“你是不是故意要做他(纳尼)”时,卡拉格说:“不,当时的情况是,有人受伤,我从中卫挪到了右后卫,然后弗格森立刻就把纳尼调到我这边。”   “我当时想,我可得给他个下马威,要么铲他,要么就犯规,我不可能让他带球朝我冲过来。当时球在地上蹦跳,我伸脚去踢,没踢到球,踢到了他小腿。”   (legion)相关的主题文章:

« »

Comments closed.